プロフィール

安井 真人 (Masato Yasui)

理学博士、工学修士

修士課程のときに、眼球内手術を目的とする磁気駆動マイクロマシンについて研究を行い、磁気駆動マイクロマシンの3次元制御に成功。博士過程から生物学研究へと移行し、1分子計測を用いたタンパク質動態の解析や細胞のシミュレーションを行う。現在は、マイクロマシン、生物学、顕微鏡開発などこれまでのバックグラウンドを活かして研究を進めている。プログラミングも得意なので、計算科学(人工知能・スパースモデリングなど)を生物学へ導入する研究も進めている。

2006-2009 名古屋大学工学部機械航空工学科

2009-2011 名古屋大学大学院工学研究科マイクロ・ナノシステム工学専攻修士課程

2011-2014 大阪大学大学院生命機能研究科博士過程

2014-2015 大阪大学大学院理学研究科 研究員

2015- 理化学研究所生命システム研究センター 特別研究員